開催案内

開催期日:
2011年7月30日(土)ー7月31日(日)

開催場所:
四万十川

会場および宿泊場所:
四万十楽舎(787-1323 高知県四万十市西土佐中半408-1 Tel: 0880-54-1230)

スケジュール:
天候等により変更可能性あり
7月30日(土)セミナー
10:00 - 10:15 受付
10:15 - 12:00 ガイダンスと研究発表
10:15-10:30 山下慎吾(魚山研)「氾濫原研究会2011スケジュールと四万十川流域に関して」
座長:山下慎吾(魚山研) 
10:30-11:00 河口拓紀(愛媛大院)ほか「河川蛇行部に形成される淵の構造と魚類群集との関係〜四万十川支流黒尊川における事例〜」
11:00-11:30 山ノ内崇志・石川慎吾(高知大院)「四万十川支流中筋川におけるオオカナダモとササバモの分布と環境要因」
11:30-12:00 川村慎也(四万十市教)「四万十川河口域における集落形成と景観の変遷」
12:00 - 13:00 昼食(受付と会計)
13:00 - 15:00 研究発表
座長:三宅 洋(愛媛大)
13:00-13:30 青山直寛(徳島大院)「圃場整備水田域の魚道におけるドジョウの移動と物理環境要因との関係」
13:30-14:00 竹村紫苑(徳島大院)「ダム建設と河口形状変化がマングローブ生育地の地形に与える影響の評価」
座長:井上幹生(愛媛大)
14:00-14:30 永山滋也(自然共生セ)ほか「氾濫原における魚類と二枚貝の現状と劣化要因〜木曽川および関市の農業用水路における事例〜」
14:30-15:00 根岸淳二郎(北海道大)ほか「フロリダ州キシミー川およびエバーグレイズの自然再生プロジェクト(仮)」
15:00 - 18:15 四万十川中流域 現地踏査(支流環境や昔の大出水跡など)
18:15 - 20:00 夕食

7月31日(日)フィールドエクスカーション
08:00 - 09:30 四万十川下流域 現地踏査(アユの産卵場→アカメの淵;車で移動)
09:30 - 12:00 四万十川河口域 現地踏査(コアマモが群生する干潟湿地;カヌー)
12:00 - 13:30 着替え/昼食
13:30 - 15:30 四万十川河口域 現地踏査(文化的景観 下田のまち;地元ガイドさんと歩く)
15:30頃           解散予定

参加費:¥2,000-(7/30昼食代 ¥800を含む)
その他に宿泊費 ¥6,500(夕朝食つき)とカヌーレンタル費等 ¥3,500(保険代含む)がかかります。

参加申込:
こちらのフォームに入力して下さい。 [参加登録を締め切りました]

主催:
氾濫原研究会, 魚山研

後援:
応用生態工学会(松山), 研究会はたのおと [五十音順]

地図パンフ提供:
国土交通省四国地方整備局 中村河川国道事務所